アウトバストリートメントの意味

ダメージケアにはミスト形状のアウトバストリートメントを!。なぜ、アウトバストリートメントという言葉があるかについて述べます。結果、ミスト形状(あるいはジェル形状)がダメージケアに向いているのかが理解できます。

アウトバスのトリートメントとは

ヘアケア製品は、シャンプー後のタオルドライ程度のウエット時に使うのが効果的です。このことから、アウトバストリートメントといいます。洗い流さないトリートメントミスト(ヘアミスト)は、粘性のないエマルジョンであることが多くヘアケアに有利です。ダメージ部は、親水性なので水となじみます。スポンジ(髪のダメージ部分)が水を吸い上げるイメージです。水の中にナノレベルの補修成分があると、それが毛髪内部に取り込まれケア効果が期待できる。洗い流さないトリートメントミストはウエットからのアプローチなので、補修効果が最も期待できる形状なのです。

  • 原料メーカーの有効性プレゼンは、ビーカーに水希釈した成分を入れ、髪を漬けて放置時間を設けた後の結果が極めて多い。

サロンの各剤も水の存在

美容室で使用する剤のほとんどに水が多く存在します。ダメージした髪は親水性に傾いています。そもそも、サロントリートメントはウエット施術と放置時間で成り立っています。

*縮毛矯正のクリームは、必要な個所にとどまる必要性からの選択です。しかも、アルカリです。(毛先方向に流れ落ちないことの重要性)からの選択です。)

アウトバストリートメントミストはダメージケアに合理的

アウトバストリートメント ミスト(洗い流さないトリートメントミスト)をタオルドライ程度のウエットに噴霧(しっかり)することにより、毛髪をさらにウエットにして、毛髪内部へ有効成分の浸透をアプローチする最も有効性のある形状です。ここで大切なことは、放置時間です。

VIGUSIのナノ成分は毛髪内部をケア

水に分散する成分が、毛髪のウエット時に内部に浸透しダメージケアするエマルジョン(ミスト)イメージ

洗い流さないトリートメントミストのダメージケアイメージ

ドライで機能成分が毛髪にとどまり、エルカラクトン等でキューティクルを接着しオイル類の大きな分子が表面を覆い感触向上するイメージ

手触りと艶のメインは髪表面のアプローチ

トリートメントの良さ感は、艶や手触りがメインです。これらのメインは髪表面へのアプローチです。浸透しなくても機能します。髪表面ですから放置時間がなくても機能する。一般の方は「洗い流さないトリートメント使用後、すぐに乾かしても良い感じ」となります。が、ケアを伴わない使用法といえます。

髪内部へのアプローチで期待する内容

  • 湿度の影響を受けにくくする(耐湿性)
  • 切れにくくなる(毛髪破断強度)
  • パサつきが長時間改善(水分保持性)
  • スプリットエンド(枝毛)表面ケア要素も関与
  • うねりが緩和される(フリズ)

まさに、ケア要素ばかりですね。

洗い流さないトリートメンミストで放置時間

ダメージケアを伴う美髪への基本アプローチは、洗い流さないトリートメントミストをしっかり噴霧し、放置時間を設けることです。

もし、質感調整する必要があれば、その後にヘアオイルをかぶせます。オイルは水に浮くので、ドライ後、髪表面に分散的に残りやすく、質感の良い滑り性となります。

VIGUSIウルフォフとVIGUSIPLEXはナノミストエマルジョン

2品はミスト状洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメントミスト)であり、ナノセラミドやナノ脂質を豊富に配合しています。内部のケア要素と毛髪表面の滑り性やヒートプロテクトあるいは色保持性にも注力した製品です。

前述しましたが、オイル分は水に浮くので有効成分が毛髪に浸透した後、髪表面に残り感触を向上させます。髪が乾く頃に質感がアップするのは、こういったメカニズムがあるのです。

VIGUSIウルフォフとVIGUSIPLEXの製品設計でありバランスです。

洗い流さないトリートメントはスピリッツ

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントとは、髪がウエット時にアプローチすると効果的なトリートメントという意味です。洗い流さないトリートメントミストはダメージケアに優れた形状であることを示します。流動的な水とケア成分が髪上に存在し、その状態で放置するのです。滑り性など髪表面で機能する成分は、すぐに乾かしても良い感触は担保できます。毛髪内部のダメージケアには、十分な水存在下にて有効成分の「浸透や結合」などの放置時間が必要です。