流さないトリートメント|VIGUSIウルフォフ-10 [061]

流さないトリートメント|VIGUSIウルフォフ-10 [061]

販売価格: 2,600円(税込)

容量:
数量:
お問い合わせ

洗い流さないトリートメントVIGUSI ウルフォフ-10

ヘアケアとスタイリング機能を同時に!  ヘアケアとしては、内部保湿に注力したサラッツルの質感は秀逸

多くの成分をナノ化し、濃く配合しています。毛髪内部をアプローチする質感は、きっと感動します。 スタイリング機能としては、ブローやヘアアイロンに対応。仕上げは、当然サラツルッ!  これ一つで、ヘアケア機能とスタイリング機能があるプロ用の、流さないトリートメントです。

2層式 /詰め替え専用品

250 ml 2600円 すべての方対象販売コーナーです。一般の方も購入いただけます

 

美容院様には、おためし限定 3本1セットのコーナーもあります。

1本や3本1セットを『お試し』後、本格導入(店舗販売や業務使用)をご検討される場合 こちらからお問い合わせください 6個&12個の美容院販売価格をお知らせします。同時に専用フォームのご案内をさせていただきます。例 『ウルフォフ-10の6個・12個の価格資料を!』あるいは、『まとめて購入価格を!』のように記載して送付ください。

ミスト状の、流さないトリートメントです。美容院様で多く使用される、おすすめの製品です。

 

≪流さないトリートメント VIGUSI ウルフォフ-10の特徴 ≫

■ヘアケア・・・ダメージしたうねり、ごわつく、パサつく 落ち着かない髪に! 柔らかく スリークでサラッツルにおさまります。
■スタイリング機能・・・ブロー・ストレートアイロン・コテ(アイロン使用は良く乾かしてから使用)でスタイリングしてください。 質感の良いスタイリングが持続します。指がスル〜と抜ける感覚は秀逸です、決して、固まったりしません。
■縮れ(フリズ・・湿度の影響よるうねり等) 枝毛や切れ毛、ぱさつきを抑えます。
■毛先まで見た目も手触りも健康的に さらにカラーを長持ちさせます。

■熱でダメージを受けた髪の手触りと外観を補修

 

特に、

ヘアカラーした毛髪のアフター処理機能のある洗い流さないトリートメント・・・その時も、後々も。

 

 

ベタツクやウエット感を感じない 『髪1本1本を数えられるようなサラッツルの艶感』 保湿感感じるのに サラツル!

シンを感じるのに柔らかく、サラッツルな質感は秀逸です。・・・・髪一本一本がサラリと揺れる感覚。 でも、しっとり系!?従来のしっとり系にありがちな べたつく テカル 束感が出るなどを感じないと思います。脂質や補修成分をナノ化し毛髪内部アプローチさせる処方だからです。高温・多湿でも、べたつかない手触りや、柔らかく芯を感じるストレート・カールの形状を長時間キープし、指がスルッとぬける持続性が秀逸な流さないトリートメントです。
ブローやアイロンの熱を利用する補修成分 と 熱がなくてもよい成分で構成しています。 油溶性の毛髪補修成分の浸透を促進し、ダメージ内部に効率的に補給・・・内部充実

圧倒的多くの場合、使用量が多くても べたつきません。ヌレ感も出ません。毛髪にあわせて使用量でコントロールできます。パサつきが顕著な時は 多めに噴霧しても大丈夫!

 

 

 

 流さないトリートメント VIGUSIの機能成分の充実イメージ。サラツルへ導くナノ成分の充実

ナノ化脂質系群/質感の違い実感!イメージ

 

 ≪成分≫

■5種類のナノ化セラミド、18-MEA(誘導体)、エルカラクトン・・・・ を内部に!
■ナノ多鎖多親水基型化合物 
■驚異のアミノ酸 エルゴチオネン【抗酸化物】が幅広い活性酸素種に対応。さらにエルゴチオネインとEDTA-2NAが さまざまな金属イオンに対応。金属イオンは毛髪の手触り感や質感低下などダメージの原因になります。Wキレート
■ナノ化セラミド1, 2, 3, 5, 6 + エルカラクトン +18MEA +ステロール・・・・・10種類の毛髪機能成分
■Ph 5.0

 

エルゴチオネインリンク 

 

  

 

流さないトリートメント VIGUSIウルフォフ-10 / 髪を柔らかくサラツルにパサつきをおさえたい。

■パサツキや 『うねり』のあるダメージ毛 (使用量のコントロールで幅広い毛髪に適合できます) ◇参考 弱いクセの場合も ハンドブロー程度でストレートになる毛髪も多く、かつ質感も優れた状態になります。
■ヘアカラーやパーマされている方 (パーマ後には 内部に脂質 セラミドが大切です)
■エイジング毛や化学的ダメージ毛の方 

 

 

 

≪使用法≫

プロ用に特化しています。スプレイヤーに移し替えて使用します。2層式

■お手持ちの清潔なスプレイヤーに,良く振ってから移し替え、使用時も振ってから使用します。 タオルドライ程度のウエット毛に噴霧! (毛髪上の水分で希釈・分散されることがヘアケアでは大切な要素であり かつ、その状態でも有効濃度がキープされることが大切です。) スタイリングは ブローやヘアアイロン・コテにて・・・・アイロン・コテ使用時は 毛髪を十分乾かしてからお使いください。

 

2層式は余分な乳化剤を使用しないため。スプレイヤーを付けたボトルではなく詰め替え用としているのは、スプレイヤーのコスト分だけでも成分を濃く配合配合したいからです。流さないトリートメントVIGUSIは、プロ用です。ボトルデザイン等に、コストをかけない展開をしています。

 

◎巻き髪でも スルッと指が通る持続性カールを体験ください。ストレートアイロンも含め その質感は秀逸です。  ※たとえば、夜シャンプーしてお使いの場合、朝 あらためて使用する必要はありません。朝、髪を洗う場合はその時使います。

 

*香りは、ウエット時に使用し乾かすと、ほぼ無臭になる仕様です。

 

流さないトリートメントであるVIGUSIウルフォフ-10に、なぜ熱対応型のスタイリング機能を設けているかのリンク

 

 

 

 

-------ここから↓は、プロ用処理剤の分野の説明です。(一般の方は関係ありません。)

サロンワークでの ヘアケア&スタイリング&処理剤 3WAYの認可製品

 

■パーマ前処理剤 毛先保護とウエーブのリッジ・モチが期待できます。  中間〜毛先方向に噴霧後 水巻でワイディング工程へ

*より毛先保護が必要な場合は 噴霧後 酸バッファーを毛先のみハケ塗り。(通常使用する酸リンスより酸濃度あるもので!どの程度のものを使うかをサロンのノウハウにできれば一般論としても極めて有効 )・・・・・水巻でワイディング行程 にはいります。 

 

■縮毛矯正中間処理として、アイロン前に使用(完全乾燥にて)します。

基本的に、矯正時のアイロン操作上で大切なことは、アイロン時の滑り性(毛髪との抵抗)、熱保護、毛髪箇所における設定温度、引っ張りすぎないこと等があげられます。

おすすめします。p>

■後処理レベルの『流さないトリートメント』// ヘアカラー、矯正、パーマ等々のアフター処理剤としても秀逸です。 毛髪内部・外部へアプローチする機能成分の充実・・・ 過酸化水素由来〜幅広い活性酸素種の抑制へのアプローチ・・ エルゴチオネイン/含硫アミノ酸(チオン基)+ドコサラクトン/アミド結合 *Ph 5.0

 

 

流さないトリートメントの要件として、手触りが良い・艶が出る等々わかりやすい内容とともに、プロ用にはPh・キレート・抗酸化等の処理剤機能の充実が必要です。プロが使用する毛髪処理剤の概念を取りいれた流さないトリートメントです。

 

 

*すべてのサロンワーク仕上げ剤としてご利用ください。

 

エルゴチオネイン Webサイトへのリンク

*本格的な処理は、RPA SSエージェントの詳細ページを!

詳細リンク

他の写真

  • 全成分    水、(シリコーンオクタニウムー16/グリシドキシジメチコン)クロスポリマー、ミリスチン酸PPG̶3ベンジルエーテル、グリセリン、ベヘンジモニウムエチルリン酸ステアリル、クオタニウムー33、コレステロール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6II、PG、γ̶ドコサラクトン、ダイズステロール、クオタニウムー18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、ポリクオタニウム-64、ウンデセスー5、ウンデセスー11、エルゴチオネイン、香料、クエン酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、エタノール

    2017年10月一部成分(香料含む)を変更いたしました。機能/使用感は変わらないと思います。
  • VIGUSI ウルフォフ-10の『保湿』は、サラッとした感じです。毛髪内部へのアプローチメインだからです。毛髪表面の保湿にありがちな、べたつく・ウエット感がある・束感がでるなどを感じないと思います。 髪一本一本がサラサラと落ちる・ゆれる感覚の保湿感をもとめました。


    美容院様では 『サロンワークで使うだけで売れる』という声が数多くある製品です。

    *エルカラクトンの有効性を経時的に引き出すには優れた抗酸化物が必要です。・・エルゴチオネイン(非常に高価な成分)
  • 美容師さんにお願い
    タオルドライ程度のウエット毛髪に使用するのが効果的です。ドライ毛にも使用できますが、パフォーマンスは ウエット時の使用が優れています。 有効濃度を 『毛髪上水分で拡散させ浸透】が重要と考えた設計です。※ウルフォフ使用後は髪を乾かす方が良いです。


    お客様の中には 流さないトリートメント使用した後、意識的にややウエットでアイロンをお使いなる方がいます。しっかり乾かしてからアイロンを使うアドバイスを!弊社調査の結果、セット剤の使用法に、ややウエットで使用するとカール(ストレートになりやすい)がモツなどの説明が結構あるからです。ある意味、理解できことではありますが、ヘアケアということからは問題です。
     
    例・・・夜ウルフォフ-10使用し、乾かします。朝はセットだけ(朝は使わなくて良い)なども!効果的です。