エルゴチオネインは各種活性酸素を分解

VIGUSIウルフォフ-10とRPASSエージェントに使用するエルゴチオネインについての成分プレゼンに次の報告がある。

活性酸素種には、主としてスーパーオキシドアニオンラジカル(•O2-)、過酸化水素(H2O2)、ヒドロキシラジカル(•OH)、一重項酸素(1O2)があります。これらの活性酸素種に対して消去作用があります。

エルゴチオネインは高い抗酸化作用があり、鉄、銅イオンや過酸化水素由来の活性酸素種に対応する報告があります。

強い金属キレート(封鎖)と抗酸化作用があるということです。

 

双生イオンでS基のある驚異のアミノ酸

美容院技術に適合する成分だと考えています。

 

 

こんな考え方もあります。

カタラーゼも良いヘマチンも良い。しかし、幅広い活性酸素種に対応できるのか?あるいは、カタラーゼ酵素の場合、製品内での活性が経時的に担保されているか!?も考える必要がある。

最近、ヘアカラー時の金属イオンが改めて指摘されている。金属イオン抑止はキレート剤だけど一般に製品内部安定のために配合されるし、配合制限もある。別の成分を配合しキレートを向上させる必要性がある。エルゴチオネインは優れたキレート効果がある。

 

ヘアカラー/パーマ時の後処理として必要な要件だと考えています。

サロン施術としては、RPA SSエージェントとVIGUSIウルフォフ-10の合一をおすすめします。(後処理だけでも、ぜひ!)

ダメージした毛髪は、金属イオン(陽イオン)が付着しやすくダメージ要因や質感の低下につながるからです。

お客様が、VIGUSIウルフォフ-10(エルゴチオネイン配合)を日々お使いになることをおすすめする理由の一つでもあります。。

 

 

活性酸素種への対応としてカタラーゼ(分子量が大きい)を考えるとき分子量も一考する必要がある。ビーカー内の実験とは違う。

そもそも、ヒドロキシラジカルに対応できるのか?

エルゴチオネインは、ヒドロキシラジカルや連鎖する活性酸素種(酸化の原因・・毛髪がサビル要因)の多くに対応する可能性がある。

 

*分子量・・大きさの単位ではなく重さ。しかし、一般に重いものは大きい。勿論、その構造の形も浸透に関連するといわれている。

エルゴチオネインは低分子であり、カタラーゼは高分子。

 

 

これら一連から、エルゴチオネインを選択し、VIGUSIウルフォフ-10やRPASSエージェントに配合した。

エルゴチオネインと表記できるものを選択したことは、安定と余分な成分がミックスされていないことから。

『キノコ』由来のエルゴチオネインじゃないということです。

なんといっても有用なS基・これにつきます。