洗い流さないトリートメント使用にあたり

ストレートアイロンやコテをお使いになるお客様の中には、毛髪がややウエットでお使いになる方がいます。(スピリッツの調査では 結構いらっしゃいます。)

 

なぜか! ややウエットて巻いた状態でしばらく時間をおき水分を『とばす』とカールがモツという経験があるからです。 ストレートも同じです。綺麗に伸びる! ですが、ヒートブリスター現象でダメージのレベルが進みます。 毛髪が 綺麗に乾いた状態でアイロン等を お使いになることをアドバイスしてください。

 

アウトバストリートメントで解決する

VIGUSIウルフォフ-10は、スタイリング機能を設けています。乾いた髪にアイロン等を使っても『綺麗なストレートやカールが持続する』ことをアドバイスしてください。

 

 

VIGUSIウルフォフの使用に関して

VIGUSIウルフォフは シャンプー後のタオルドライ程度のウエット毛に噴霧することをおすすめいたします。

夜、シャンプー後のタオルドライのウエット毛に使えば、朝毛髪が乾いた状態でアイロン等でスタイリングすれば良い。朝シャンプーし、タオルドライ程度のウエットで使うならドライヤーで綺麗に乾かしてからアイロン等でスタイリングする!

 

お客様は、意外と知らないことです。