流さないトリートメントをするなら、選ぶなら。

洗い流さないミスト形状のVIGUSIウルフォフ-10は、ヘアケア&スタイリングを同時に!サラッとした保湿で髪をおちつかせ保持。ヘアアイロンのスタイリングも同時にできるプロ用仕様の流さないトリートメントです。

ミスト形状の優位性は、浸透です。現在、ナノ化技術が進んでいますので、成分有効濃度にて製品化すれば『濃くて、べたつかない』製品ができます。

ミストだから薄いというのは、間違いです。製品によります。

 

ケアとスタイリング機能は必要性

ヘアケアとスタイリング機能が、一つの製品に共存するのが望ましいと考えています。毛髪はヘアアイロンなどでスタイリングするのがスキンとは根本的に違います。ケアということだけでは日常的ではありません。

 

洗い流さないトリートメントの基本的な考え方と美容院用

パーケージや外装にコストをかけないで中身の充実にコストをかけています。

パッケージの『かわいらしさ』は販売力ですが『中身がどうなんだ!』がプロ用です。

このことからオフィシャルオンラインのみで取り扱い、中間マージン分を製品づくりにあてています。

 

おすすめのミスト洗い流さないトリートメント/VIGUSIウルフォフー10
 

 

ヘアケアとスタイリング機能・共存がおすすめ

スキンのメイクに当たるのがスタイリングです。髪用製品は『ケア』だけでは意味がないと考えています。VIGUSIは、多くの成分をナノ化した5種のセラミド、エルカラクトン、脂質と抗酸化物エルゴチオネインがケアの担当であり、シリコーンがヒートプロテクション機能つきのスタイリング機能と毛髪表面の感触を担当しています。

多くの美容院様は、お客様の『購入リターン率』の高さを体験されます

  1. ヘアケア・・・パサつく髪 うねる髪 湿度の影響を受けやすい髪に秀逸な質感と落ち着き。
  2. スタイリング・・・ヘアケアと同時に、ストレートアイロン、コテ、ブローで、サラツルッのスタイリング持続保持。

洗い流さないトリートメント製品が、スタイリング(ブローやアイロン)に対応しているわけではないのです。

 

 

洗い流さないトリートメントの応用(ヘアオイルの本当の使い方)

ヘアオイルは単品でも使用します。ですが、オイルには、わかりやすい例として、ペーハーがありません。かつ付着性からくる良い点と悪い点があります。本来、質感を補佐する目的で使用するのです。

 

あるいは、外出時には便利です。ウエットにならないから。上記と合わせると、ヘアオイルのボトルは小さい方が利便性があります。
『バッグに入れるのにちょうどよい』・・エルカラクトンヘアオイルのVIGUSIオイルは、この観点から小さい容器にしています。

小さくてもエキスタイプですから、少量使用でかなり『もちます。』

エルカラクトンヘアオイル/VIGUSIオイル

 

使い方の例

ウルフォフ-10もVIGUSIオイルも単品使用が前提で開発しています。

毛髪は様々ですから次のような使用法で微調整される方がいます。

VIGUSIウルフォフ-10噴霧→VIGUSIオイルをかぶせる!で、自分にあった質感をもとめます。

ヘアオイルというのは、前述したように毛髪ウエット時補佐として使うのが良いのです。

*ヘアオイルは、ウエット時に使用するほうが分散させやすいので質感が向上します。(一般論)

 

 

ミスト状洗い流さないトリートメントとヘアオイルのまとめ

流さないトリートメントのケアメインは、有効成分の浸透性からミスト形状であり成分のナノです。オイルは補佐です。ミスト形状だけで十分な時、新たにヘアアオイルは必要ないでしょう。

VIGUSIウルフォフ-10は、使用量のコントロールだけで幅広い毛髪に適応しています。

ウエット感や束感が出ないサラッとした質感で落ち着かせます。

 

 

クリーム状洗い流さないトリートメントについて

上記の『まとめ』項を考えた時、行きつくのがクリーム形状の洗い流さないトリートメントになります。 

乳化して『一つの製品を作ればいいじゃないか』という声が聞こえてきそうです。・・・確かにわかりやすい製品となります、そして使用が楽です。

スピリッツは、『わかっていても出来る限り乳化剤を使わない』ことを選択しています。

ウォッシュアウトといって水分を毛髪から奪う可能性があるからです。

 

 

ミスト状洗い流さないトリートメントの優位性

クリーム・乳液タイプと比較では『いきわたらせ』かつ『浸透性』でに関してミスト形状が優位です。キレート、抗酸化、ペーハー、防腐等は直接的な使用感と関係ないですが、日々の使用では非常に重要です。出来るだけ毛髪全体へいきわたらせ『有効成分の浸透性』が必要です。

 

油あるいはオイルの目的はさまざまですが『落ち着かせる』という要素があります。クリームや乳液タイプは、ミストに比べ、オイル成分の配合量が有利です。しかし、ナノ化技術が進んでいますのでミスト形状においても高濃度で脂質を配合できる時代です。かつ浸透します。質感向上としてダイレクトにあらわれます。ミスト形状は、昔のように『薄い』とは言い切れないのです。ナノ化/さまざまな機能成分で可能。エルカラクトンやセラミド5種・脂質等々をナノ化し高濃度!!・・保湿されるが濡れ感やテカリが出ない!につながります。
これがVIGUSIウルフォフ-10です。

 

VIGUSIウルフォフ-10は2層式

ここにも可能な限り乳化剤を使いたくないことからの選択で、VIGUSIウルフォフ-10はミスト形状で2層式にしています。

 

 

クリーム形状の洗い流さないトリートメントを水系増粘『流体』

水系増粘で『流体』クリーム形状が『ヘアタイム618』のタイプです。

ミスト機能とオイル成分を水系増粘で一つにした形状・・毛髪が多めでパサツキが特に気になる方は、これだけでお試しください。毛先まで、美髪を体感できると思います。

単純な油の乳化と比較して、べたつき感やヌレカン/束感が出にくい。それでいて落ち着く効果が付与できるのです。毛髪内部に『浸透する落ち着き』は、秀逸です。・・・脂質が高分子のままは『落ち着き要素』ですが質感に問題が残ることが多い。

 

流さないトリートメントは、髪の内部と外部を補修することを求められます。

 

 

洗い流さないトリートメント/ヘアタイム618

 

ヘアオイル選択のご参考

『ダメージした髪の親水部位になじむ』特性が必要。・・極性油や親水基がある成分構成のヘアオイルがおすすめ。

 

おすすめのヘアオイル/VIGUSIヘアオイル/PROIL

スピリッツのヘアオイルは、2品ともこの特性があります。 カチオンを修飾した成分をヘアオイルに配合する方法もあります。これらも良いですがが、ビルドアップ(被膜蓄積による質感への弊害)の懸念もあります。

  • ヘアオイルは、付着性のみで構成するのが良いと考えています。
  • ダメージ部になじむ成分構成のヘアオイルをおすすめいたします。
  • PROILは、毛髪が多くパサツキが激し方に少量で機能します。タオルドライ程度のウエットで使用しドライ。
  • PROILは、デジタルパーマや通常パーマの『柔らかさとウエーブの綺麗さ』の維持にも期待できます。
  • 赤い色素の濃さは抗酸化カロテノイドの配合量の多さを示します。
  • パーマ系は、脂質が奪われますので植物油ベースがおすすめです。
  • 矯正ストレートは『面の美しさと質感』で揺れる綺麗さが求められるのでVIGUSIオイルがおすすめ

 

洗い流さないトリートメントのまとめ

ヘアカラー毛は、質感の選択でどのタイプでも良いですが、単品使用のVIGUSIウルフォフ-10が最初の選択肢です。

次にVIGUSIヘアオイルあるいはヘアタイム618で、毛量とパサツキの程度でPROILの選択になります。

質感の好みと『もう少し』があるときミスト系流さないトリートメント+ヘアオイルやヘアクリームで微調整(補佐)が、個々に最も良い質感となります。

外出時などに携帯するならヘアオイルVIGUSIオイルかヘアタイム618です。(ヘアオイルの使用基本は、ウエット使用からのドライですが外出時は、ヘアオイルで落ち着かせるのがスタイリングを壊しにくい利点があります。)

 

極めて豊富なカロテノイド配合ヘアオイルPROIL

洗い流さないトリートメント/ヘアオイルのPROIL