毛髪処理剤/RPA SSエージェント

パーマやカラー、デジタルパーマ、縮毛矯正の前処理、中間処理、後処理として、わかりやすい結果と後々の毛髪状態の良さを提供します。これ一つで、多くのカテゴリーに対応し使用法は簡単です。

処理剤には、可逆的な反応性が必要です。システィン酸は不可逆性酸化物の生成がです。かつ、アミド結合の強化が必要なことも共通項です。処理剤は化学的反応性や結合要素が必要です。滑り性や質感などの感触付与は仕上げ剤との合一でおこないます。

仕上げ剤/洗い流さないトリートメントにも感触付与成分以上に、優れた抗酸化成分やキレートの配合選択が重要です。

なぜなら、施術後の日々でも『外せない要素』だからです。

 

毛髪補修処理剤/RPASSエージェント

 

 

毛髪処理剤は化学反応を利用する必要性

処理剤は、パーマやカラーのように独立した施術として位置づける必要があります。

なぜなら、パーマ剤やカラー剤への処理剤概念の成分添加は、経時的な安定性問題や配合制限が必要なことがあり得るので独立した剤と施術と位置付けるのがダイレクトです。

かつ、操作性が簡単なほうがサロン施術に向いています。

 

処理剤は補給や栄養ではなく反応

ウエット時は、『良い方向のキシミ』という概念が確実にあると考えています。 一見の『良さ』を感じる『ツルッと感や滑り性』を求める成分を排除しています。施術直後の質感、毛髪状態と再来店されるときの髪状態は非常に良いことを体感できます。

一般的に、ダメージのない部分に処理剤あるいは補修剤は必要ないと思われます。確かにパーマなどでは、余分なものが付くとかえって『良くない』ということもあります。このことは、処理剤を使いこなす知識も必要となることを意味します。ところが、処理剤の在り様においてはダメージが『ない部分』も『ある部分』にも使用する方が良いということがあります。

パーマやカラーの悪さは、ダメージしていると箇所・していない箇所に関係なく起こるということです。この点からも、操作性がシンプルであることが望ましいのです。

髪はダメージすれば治らないとするなら、ダメージが少ないところへのアプローチもふくめ『良い結果の後々』は極めて大切だと論理的に思う必要性があるのです。

ダメージあるところも少ないところも使える処理剤でないと『どれほどの意味があるのだろう』と考えるわけです。・・・ダメージ部、ダメージがそれほどない箇所、区別なく使用できる処理剤である必要性!ただ、噴霧するだけです。前処理・中間処理・後処理使い分ける必要もありません。また、すべてをする必要もありませんが・・。

 

 毛髪処理剤/パーマ前処理、デジタルパーマ中間処理、縮毛矯正中間処理などに使えます。

 

インタクトRPAケラチン

パーマ類においても ヘアカラー類においても化学反応によて起こる『悪さ』があります。

共通項は、システィン酸の生成です。この共通するダメージ原因に対し 単に被膜形成成分や脂質、保水機能といった トリートメントには必要と考えられている成分構成では 『反応性がないのに』なぜ処理剤として有効性が出るのだろう?と、とらえています。

さらに、あれもこれもの成分となると 本当にそれぞれが機能するのだろうか?という推定の見取りもあります。

システイン酸は、システインまたはシスチンの酸化により不可逆的に生成され、もとのシステインへのジスルフィド架橋を形成できない。RPAケラチンは、システインに反応性があり、簡単にジスルフィド架橋を形成する。ケラチンタンパク質のジスルフィド結合が可逆的に修飾されて、もとのケラチンにあるジスルフィド架橋へ導くことが可能。

 

エルカラクトンについて

エルカラクトンは、一般に熱がある系で機能するとの認識が美容師さんにはあると思います。 実際そうです。

ところが、熱のない系の使用・・・ウエット時の使用・・・・処理剤としても有効性があると考えています。例えば パーマ系の処理としては、本当に綺麗なウエーブやリッジがでて、その持続性を経験が出来ると思います。

 

有効性を担保することも非常に重要
  • エルゴチオネインは、チオン基Sのあるアミノ酸系抗酸化物でありキレート成分・・製品内部の安定性と使用時ともに必要
  • 2種の機能性浸透促進剤・・・水系/油系 インタクトケラチン(RPA)成分の有効性を引き出す工夫。・・・そのためには浸透促進剤は必要です。特定のパーマ剤のために毛髪に浸透することが原料メーカーの実験でわかっているアニオン(マイナスイオン)系 活性剤(ペリセア)を配合。不要なイオン結合回避のためとして実験からの必要性を認識
  • エルカラクトンは、最も重要な結合であるアミド結合(ペプチド結合)が期待できます。

 

使用成分

水 セバシン酸ジエチル、γ-ドコサラクトン、 ケラチン、 ジラウロイルグルタミン酸リシンNA、 エルゴチオネイン、 EDTA-2NA、 フェノキシエタノール

セバシン酸は、ジカルボン酸そしてスルフォン!!

ジカルボン・・どこかで聞いたことあるでしょう。早くから主剤にしています。

美容師さんにとって見たことのないような構成だと思います。 いかがでしょうか!

 

その時の『よさげな状態・質感』をオイル各種やカチオンポリマーで感じさせよう!としたコンセプトでないことが明快にわかると思います。しかしながら、合一による仕上げの感触も秀逸な質感があり、かつ後々の髪状態の違いを体感いただけると思います。

 

パーマ前処理、デジタルパーマ中間処理、縮毛矯正中間処理などに、おすすめの処理剤/RPA ssエージェントです。