コスト/紙資料やプロモーション

コスト削減と製品づくり

製品づくりに注力しています。販売価格に競争上限を考える必要があります。紙資料や各種プロションにも大きなコストが発生します。

このコストも製品価格に反映させるのが一般です。スピリッツでは、出来る限り製品の中身にコストをかけたいと考えています。

  1. オフィシャルサイトのみで展開
  2. 紙資料をご用意していません。サイトのみに詳細を記載しています。(サイトデザインに煩雑感はでます)
  3. プロモーション用イメージ印刷物を製作していません。
  4. アフェリエイや美容製品サイト様などとの契約をしていません。
    よって、『おすすめ商品』紹介サイトなどの活用をしていません。

スピリッツはコストを製品の中身に

  1. コスト高のボトルも避けるようにしています。

 

コストは、製品価格に反映します。一度決めた価格は、原則継続します。償却された宣伝等々のコスト分も価格に反映したまま継続されるのが一般的だと思うのです。