RPA SSエージェント/プロ用毛髪処理剤

パーマやヘアカラー用処理剤/共通のダメージ要因抑止

画期的な毛髪処理剤 /『可逆反応性処理』と『一部パーマ剤による不要なイオン結合抑止』と『アミド結合で毛髪強化』 プロ用毛髪処理剤として推奨製品/前処理、中間処理、後処理をこれ一つで。

パーマやヘアカラーのダメージ要因とは

パーマ(チオール基・・シス、チオ、GMT、システアミン、ラクトンチオール等)と施術各種、ヘアカラー、ブリーチ、トリートメントとして システィン酸生成抑止とアミド結合(毛髪補修強化成分)の必要性は多くの技術に共通。  アニオン性インタクトRPAケラチンと分子が小さいアニオン界面活性剤(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・・結合水への対処)/浸透促進剤(ジカルボン系)/熱にも強いとされる抗酸化物エルゴチオネインとエルカラクトンによる毛髪強化

2つのS基

可逆性ケラチン/エルゴチオネイン

2つの金属キレート

EDTA-2NA/エルゴチオネイン