洗い流さないトリートメントを使いきる/美容師の意見と回答

美容院様から洗い流さないトリートメントウルフォフ-10に関して

VIGUSIウルフォフ-10(ミスト状の洗い流さないトリートメント)をメインに使用し満足しています。

パサツキが激しく毛量が多い方に、VIGUSIウルフォフ-10にクリームのヘアタイムを1プッシュ~3プッシュ

いれたものをサロンワークでは、用意しています。

ものすごく、良いです。

 

ヘアカラーの退色抑制

ヘアカラーの退色防止という観点からVIGUSIウルフォフ-10にリピNAを3%入れています。

モデルで日々使う実験をしたのですが明らかに色もちが良くなっています。

*VIGUSIウルフォフ-10+ヘアタイム+NAも用意しています。

過去、スピリッツさんに問い合わせした時、自己責任ではあるけれど、このような使用も想定して製品化あるいは販売していると回答いただきましたが、この意味が良く分かりました。素晴らしい!

 

縮毛矯正の中間処理剤としても優れている

縮毛矯正時に1剤流した後、セット面でVIGUSIウルフォフ-10を噴霧した後、完全ドライに近い状態でアイロン操作します。

ダメージ箇所によってアイロン温度をかえる技術のベーシックはそのままです。

いろいろなもの使ってきましたが、一番良いです。

アイロン時に最も大切な要素は、滑り性と熱への対処能だといわれてましたが

その意味がよくわかります。

 

エルゴチオネインも自分なりに調べました。

なるほど!キャッチが【プロの処理剤概念を取り入れた洗い流さないトリートメント】ということですが

素晴らしい。

長年美容師していて、洗い流さないトリートメントで御客様の高い購入リターンの製品経験ありません。

 

失礼ですが、企画や開発をしたのが美容師とは思えません。

どんなふうに勉強されたのか知りたいです。

---------------------------------------------------------

 

 

弊社の回答
  1. 添加は、自己責任であること
  2. お客様には、添加したものを販売してはならないこと

回答の補足として

縮毛矯正で重要な一つに、1剤の流し方があります。

出来れば、サイドシャンプーで湯量を充分使いながら1剤を流し、さらにボールに湯をためバシャバシャをこれでもか!

襟足、もみあげ部分、生え際などもバシャバシャ!(2~3分します。後、コンデつけて、改めて流す。(指通り制を

確保します。)→セット面にて、ウルフォフ-10噴霧(ヒートプロテクション&滑り性の確保)→ドライ→アイロン

 

ぜひ、お試しください。

 

*1剤を『流すだけ』にしていると思うのですが、このバシャバシャ本当に重要です。

*ウルフォフ-10を、ヘアカラー・パーマ等々の『アフター処理&仕上げ剤』としてお使いください。

RPASSエージェントとの併用は、さらにおすすめです。