毛髪処理剤RPA SSエージェント総論/パーマ・ヘアカラー・縮毛矯正などの処理剤

毛髪処理剤/RPASSエージェント

パーマ・ヘアカラー・縮毛矯正時の前処理、中間処理、後処理に使用する毛髪処理剤

使用したケラチンは毛髪処理剤という観点からみると非常に有用と思う。特定の反応性を修飾したインタクトなものは その構造的特徴において処理中においても後処理や日常使いとしてもその有用性が担保される可能性がある。 

 

 

可逆的反応に有用性が見出される

本来、ケラチンは不溶性であるから 水に対し溶解させる修飾は実務において必要な要件となる。しかし、この点は一考も要する。 毛髪タンパクに『どのように作用する』かということだ。 

推定ではあるけれど適正%の実務上の検討が重要。ダメージ毛程、修復したいのだから処理行程や後処理において、その%を多くしたいと考える衝動がある。ここが重要なところでもある。このあたりのことを数年見てきた。 サロンワークでは意外とアバウトな計量や『ダメージだから多めの%』が良いのではと考える。が、優れた成分も本来の成果が出ない可能性がある。 このことはデジパの実験で経験から導き出した。 

 

 

よって公約数的にではあるが、適正%としての製品化をめざした。 公約数的にとはいえ毛髪状態はさまざまだから 製品のもつ 対応幅を設ける方が良いという見解から希釈型製品とした。

 

 

RPAケラチンは  熱を使う系の技術においてどのようになるのかも推定した。 もし、熱により消失あるいは残存が少なくなっても 期待する反応後なら、かえって消失しても良いのではないかとの見方もできる。熱による変性などがない状態で後処理として反応性を『サラ』の状態で改めて使用するほうが良いともいえる。

 

熱を使う系であってもなくても、さらなるインパクト欲しいと考えるとき、反応性のある有用な成分の配合はサロン施術のクオリティーを広げることになる。さらに 選択した成分が ヘアカラー、パーマ、矯正デジタルパーマ、ブリーチ等々の施術に適合出来れば 一つの製品で多くの処理行程(前、中間)に有用であり、仕上げ時=後処理≒洗い流さないトリートメントしても有効性があればサロンは『あれもこれも』とサロンに置く必要もない。

 

 

処理する目的は 毛髪状態を出来る限り良い状態で施術したいというのが第一義としてあり、ウエーブの有り様やカラーの発色等が より良い状態へと導くことが可能なら、さらに値打ちのある処理剤となる。

 

 

 もとより化粧品原料の多くは、パーマやカラー等の化学的施術で使うことを前提として作られていない。 だから成分の有用性の知見は非常に重要となる。 これら一連から、処理に関しては感触向上目的の成分を使用しないで反応成分と浸透促進成分で構成することを選択した。

 

 

毛髪の感触より機能と反応性

滑り性などの感触は、仕上げ時にステップ式合一で対処することを選択した。VIGUSIウルフォフ-10やヘアタイム618にて

文章で表すと長いが実務のサロンワークでは、合一による作用は瞬時だから問題ない。結果として、一般の方もわかりやすい感触等がダイレクトに付与される。 ウエットからドライにかけて良い質感になっていく。 処理剤はウエット時は、操作性に問題ない程度の滑り性であればよい。感触付与剤としてのオイル成分は配合しない。