酸性水(酸リンス)をつくる/使い方一考

酸バッファー(酸リンス)の作り方

日本薬局方のクエン酸水和物14g、日本薬局方のクエン酸ナトリウム21g、(薬局で購入できます。)精製水65g、カチオン化18-MEA3g。(これに関しては入れなくても結構です。入れるのが推奨) 以上を、原液の酸性水(酸リンス)としています。 (原液とするものは精製水。水道水はダメ)

 

 

 1、前処理使用例は原液使用の場合は、マックスパワーのチオ系1剤などをを使用する場合、前処理(1剤減力効果、1剤は多少反応する・・・)として毛先にハケ塗布。後、ワイディング→1剤塗布。 マックス以外のパーマ剤の前処理としても使用できます。その場合は原液を精製水2倍程度やそれ以上に薄め 1剤減力による毛先保護として使用しています。 どのパーマ剤に、どの程度のダメージに どの程度の酸パワーを使用するかは、各サロンのノウハウと思います。 (必要以上に酸パワーがあるとウエーブが出にくいこともありえます。)

 

2、パーマ中間リンスとしては、原液を精製水で2倍以上に薄めた物を使用。(お客様の頭皮状態によりシミル場合があります。その場合はもっと希釈)   

 

【絶対原液では使用しない】

 

 

アルカリパーマ剤使用時

パーマ2剤への添加は、2剤量に原液20%添加という方法もあります。   

 

RPSSエージェントの精製水2倍希釈噴霧→ワイディング→1剤→テスト→流す

 

一般的な2剤

1剤流す→ブロム2剤を3回(3分+3分+3分)→酸処理あるいは2剤に酸バッファー添加したもで3分

 

おすすめの2剤

●前にRPASSエージェント原液20cc程度スポイド塗布3分放置→その後、酸リンス3分放置の工程がよりおすすめ。

 

できれば、仕上げ時もRPASSエージェント

  1. エージェント2~4倍希釈噴霧3分程度放置(きしみます・・良い方向のキシミの概念)
  2. VIGUSIウルフォフ-10やヘアタイム618で滑り性・質感をもとめます。→仕上げやカット

 

 

文章では長いが実際にすると普段とほとんど変わらない

酸バッファーの原液および精製希釈液は、3~4日分程度の作り置が限度です。 単純に中間酸リンス(美容製品レベル)でしたら、99gの精製水に1gのクエン酸水和物(クエン酸)でも使用可能と考えます。勿論、18-MEAの3%添加も可能です。

 

*美容メーカーの酸リンスを使えばいいのでは!?ともよくいわれます。 しかし、・・・・・・・バッファー濃度が違うと思います。 *上記内容は、酸化反応でうばわれるとする18-MEA対策として、カチオン化18-MEAの添加(2剤も)を概念としても展開しています。

 

 

大切な情報

フルーツ酸が髪に残り続けると、~酸カルシウムのようになり毛髪の質感を落としたり、薬剤反応に問題が出たりする可能性もあるので、『しっかり流しきる!』は必要です。

 

【上記内容は、全ての薬剤を試したわけではないこと。また、未知の反応もありえることをご承知ください。】 以上はあくまでも弊社の研究です。酸性水(酸リンス)を使用され問題が起きましても責任は負い兼ねます。(自己責任と薬事に抵触する可能性をお伝えしておきます。) よって、ひとつの情報として、伝えさせて頂いただけであること を申しあげておきます