エルゴチオネインは各種活性酸素を分解

VIGUSIウルフォフ-10とRPASSエージェントに使用するエルゴチオネインについて成分プレゼンに次の報告がある。

活性酸素種には、主としてスーパーオキシドアニオンラジカル(•O2-)、過酸化水素(H2O2)、ヒドロキシラジカル(•OH)、一重項酸素(1O2)があります。これらの活性酸素種に対して消去作用があります。

また、

エルゴチオネインは高い抗酸化作用があり、鉄、銅イオンや過酸化水素由来の活性酸素種に対応する報告があります。

金属キレート(封鎖)と抗酸化作用があるということです。

美容院技術には、適合する成分だと考えています。

 

カタラーゼも良い、ヘマチンも良い。しかし、幅広い活性酸素種に対応できるのか?あるいは、カタラーゼのような酵素の場合、製品内での活性が経時的に担保されているのかも考える必要もある。

 

最近、ヘアカラー時の金属イオンが改めて指摘されている。金属イオン抑止はキレート剤だけど一般に製品内部安定のために配合されるし、配合制限もある。別の成分を配合しキレートを向上させる必要性がある。エルゴチオネインはこのキレート効果もある。ヘアカラー/パーマ時の後処理としても必要な要件だと考える。

ダメージした毛髪には、金属イオン(陽イオン)が付着しやすいのだから。

 

分子量も関係あるかもしれない。ビーカー内の実験とは違うというのも一考する必要性を思う。

 

こんなことも考える必要があるのでは!

もし、その場であるいは数日後ヘアカラーのやり直しがあっても、パーマ時のあて直しがあっても安心してできる。・・・これ必要な要素ではないでか!

同じような効果が期待できても、上記のことは美容院にとって外せない製品要素と思うのです。

これら一連から、エルゴチオネインを選択し、VIGUSIウルフォフ-10やRPASSエージェントに配合した。

また、エルゴチオネインと表記できるものを選択したことは、安定と余分な成分がミックスされていない観点からです。